toggle
2014-04-15

跳ね回るタロットの数たち☆山奥でカードが舞い落ちたら・・・

こんにちは。

タロットをつらつらと眺めているといつも新しい発見があります。

 
 
講座の中で伝えられたアルカナがさまざまありますが、

それだけでなくタロットの無尽蔵とも思われる多くの象徴性が

わたしたちの知性を刺激して楽しませてくれます。

 
 
眺めていると数について頭にひっかかるものがありました。

 
 
タロットには大アルカナ、小アルカナがありますが、

小アルカナはさらに宮廷カード、数カードに分けられます。

 
 
カードの順位としては

大アルカナ>宮廷カード>数カード

となります。

 
 
大アルカナには基本的に数が描かれています。

(「愚者」のカードには数がありません。)

数カードはその名の通り、ほとんどのカードに数が描いてあります。

(玉の組には数の概念はありつつも数字は描かれていません。)

 
 
宮廷カードだけには数が描かれていません。

トランプの人物カードのように、

宮廷カードも数を割り当てて考えることはありますが、

かならず数として見るとは限らず、数字は描かれていないのです。

 
 
大アルカナ、宮廷カード、数カードの順位や属性を考えると

大アルカナの数と数カードに描かれた数は同じ数字でありながらも

性質が異なっているのかも知れません。

 
 
すぐに思いつくのは、抽象性と具象性の違いです。

大アルカナの数が「数そのもの」である性質が強く、

数カードの数は「ものの数」という性質です。

 
 
大アルカナの数が周波数を落とし固化・具体化していって

1つ2つと数えられるような数カードの数に現われるのでしょう。

 
 
2種類の数の間に、宮廷カードがある理由を想像すると、

「数そのもの」というのは、人間に先立って存在し、

人間が数を認識することで「ものの数」は成立するのかも知れません。

 
 
この辺りはどう考えていったいいか、まだ分からないのですが、

以前、聞いた公案らしき問題がちらりと頭をかすめます。

 
 
「誰もいない山奥の木の葉が舞い落ちた。

どんな音がしたでしょうか。」

 
 
いろんな答えが出てくるでしょうが、

ひとつの答えとして、

「聴覚器官をもつ存在がいなければ音は認識されない。

音はない。」

という答えもあるようです。

 
 
タロットはいろいろとわたしたちを刺激してきます(^-^=

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です